女性にとって前戯がどれほど必要な事なのかを徹底解説します。

前戯が必要な理由

女性の身体はやわらかくて触りたくなる非常に魅力的なものです。
胸を触ったり乳首を吸ったり、クリトリスを愛撫するなど自然と前戯を行います。
ですが、時に男性は性欲を暴走させてしまい、すぐに挿入を行おうとしてしまいます。

 

はっきりと断言しますが、前戯無しのセックスほど女性にとって苦痛なものはありません。
勃起させただけで準備OKの男性と違い、女性がセックス出来る状態になるには時間が掛かるのです。
下手クソなセックスをする男、そんな烙印を押されないように前戯が必要な理由を理解しましょう。

 

前戯が必要な理由ですが、とにもかくにも膣が十分に濡れるかどうかです。
膣が十分に濡れていない状態で挿入を行うと、場合によっては出血してしまいます。
最悪の場合は膣が破けてしまい大量の出血が起こり、手術しなければならなくなるでしょう。

 

男性前戯無しのセックスでも快感を得られますが、女性は違うということを覚えておいてください。

 

女性の気持ちが分からない男性は、いつまで経っても本当の意味でイカせられないです。
刺激が強ければ気持ち良いと感じるのは、セックスのレベルが未熟だと言わざるを得ません。
女性が痛みを訴えた場合はすぐに挿入を止めるようにしましょう。

 

前戯をしないセックス

 

セックス中の男女

 

前戯をしないでセックスを始めるのは、ただただ性欲を発散したいだけだと受け取られます。
女性側からしたら射精するための道具にされているのと同じ気持ちになります。
大切に想っているのなら前戯はしっかりと行うべきです。

 

女性との付き合いが長ければ長いほど前戯は疎かになります。
愛情を確かめるはずの前戯時間が少なくなれば、自然と破局が近付いて来るでしょう。
当然ですが、女性のセックスへの満足度も下がります。
イク回数も減りますし、絶頂出来ないで終わるケースも普通に起こるのです。

 

前戯は女性に愛情を伝える行為であり優しさの塊です。
怪我や破局に繋がらないように前戯はしっかりと行うようにしてください。

 

若い男性ほど自分の性欲を満たそうとしてしまいますが、女性の快感を優先出来るようになってこその大人です。
大人の上手なテクニックを示すなら前戯こそ最大の武器でしょう。