愛撫や言葉責めの方法など女性をイカせるコツを詳しく解説致します。

女性をイカせるコツ

女性をイカせたいと思うのが男性としての本能です。
快感に身悶えする女性を見ると、性欲が何倍にも高まるのを感じるでしょう。
そうは言っても、女性をイカせるのはなかなか難しいものです。
男性は射精という分かりやすい絶頂の証拠がありますが、女性の多くは演技をしています。
本当に女性がイッているのか確かめる方法は存在していますが、どれも曖昧なもので確たる証拠にはなりません。

 

それでもやはり女性をイカせたいと思うものです。
男性の念願でありセックスをより楽しむためにも、女性をイカせるコツを身に付けておきましょう。

 

まず、前戯で行う愛撫は焦らしをテーマに行います。
いきなり乳首やクリトリスに吸い付くのではなく、周辺を舐めたり軽く息を吹きかけたりして焦らすのがポイントです。
もどかしい快感が続くと女性のエッチな気分を盛り上げることが出来ます。
ただし、やり過ぎは興醒めになってしまうので注意が必要です。
快感の波が途切れないように行わなければなりません。
くれぐれも自己満足の焦らしで独り善がりにならないようにしてください。

 

次は言葉責めで女性の羞恥心や興奮を煽ってみましょう。
どこが気持ちいいのか女性の口から言わせたり、見たまんまを口に出したりするのが興奮させます。
言葉責めは精神的な要因なので女性の心に火をつけやすいのです。

 

こうした愛撫を行いながら、まずはクリトリスなどで1度イカせてしまいましょう。
クリトリスを指でグリグリこね回せば大抵の女性は軽くイキます。
膣に指を入れて小刻みに動かすのも快感を倍増させますし、テクニックに自信があるなら膣奥を刺激するのも良いです。
とにかく1度、外イキさせるのが重要です。
外イキとは愛撫やクリトリスで絶頂することを意味します。

 

ベッドの画像

そして、肝心なのは中イキと呼ばれる膣奥を刺激して絶頂するものです。
外イキの何倍もすごい快感が走るのが中イキです。
挿入して中イキさせるには、膣壁を擦り上げるように腰を動かしてみましょう。
ピストン運動と同時にクリトリス愛撫を行うのも快感が倍増します。

 

外イキで軽くイカせてから挿入して中イキさせる、この流れが王道です。
女性をイカせたいならこのステップを踏むのがコツなのです。