おっぱいへの責め方はHのにおいて非常に重要な要素です。

おっぱいと乳首で焦らす

乳首に触れない触り方を意識する

焦らし効果の基本となるのがおっぱいへの責めです。
そもそもおっぱいを責めるのは愛撫の序盤となるため、ここでいかに焦らすかでエッチの全てが決まると言っても過言ではありません。

 

ここで意識するのは乳首に触れない触り方をマスターすることです。
フェザータッチで触れる時はもちろん、おっぱい自体に触れる時も、乳首が指と指の間にくるように意識して、まずはいきなり乳首に触れてしまわないような触り方をマスターしてください。

 

結論を言うと、このテクニック自体はそれほど難易度は高くありません。
うっかり触ってしまわないようにする意識、早く乳首を責めたい気持ち、これらに注意すればエッチの初心者でも簡単に実践可能です。

 

 

焦らしの手順

おっぱいは形でいうと綺麗な円と同じで、乳首はその中心になります。
イメージとしては円の外側、つまり乳首に遠い位置から触れていき、乳輪あたりにきたら焦らしを意識します。

 

女性の身体がピクリと反応したり、吐息をもらしているのを確認してから、乳首を責めるようにしましょう。

 

逆に女性の反応が確認できないうちは、女性が焦らされる快感をまだ堪能していないことになるので、反応が確認できるまでは、乳首への責めは禁物です。

 

 

ここで注意すべきことは二つです。

 

 

一つはフェザータッチと揉むことで責めることです。

おっぱい自体は言ってしまえば脂肪の一種なので、乳首以外はそれほど神経が敏感なわけではありません。つまり、単にベタベタと触っていても女性は感じないのです。
フェザータッチのドキドキ感、もしくは揉まれることでの快感、乳首以外はこのどちらかでしか感じないため、焦らす時は、これらの方法でおっぱいを責めることを意識してください。

 

 

もう一つの注意点は女性が感じているのを確認する方法です。

ここで説明したように、吐息と身体の動きだけで確認するようにしてください。
NG例としては、手っとり早く性器に触れて、濡れているかどうかで判断してしまう人もいます。
しかし、後に性器への焦らしを考えると、いきなり性器をしっかりと触ってしまうのは、性器への焦らし効果を半減させてしまうので要注意です。