余韻に浸る!後戯を重視したセックスをしてみましょう。

おろそかにしてはいけない後戯

 

前戯や挿入の大切は分かっていても、後戯の重要性を理解している人は少数です。
セックスの流れは大きく別けて3段階あり、前戯、セックス、後戯となるのです。
ここでは後戯をおろそかにしてはいけない理由を説明します。

 

後戯とは、セックスが終わった後の時間に行うことです。
主な後戯としては、身体を密着させて休憩する、甘い言葉をささやくなどが挙げられます。
女性との愛情を深めるには、セックスの後がとても大切になります。

 

ここで悪い例を1つ紹介したいと思います。

 

セックスの後にすぐタバコを吸う男性は、実に78%の女性が「嫌い」「どちらかと言えば嫌い」だと答えています。
これは性欲を満たしたら女性は用済みだと言わんばかりの仕草のため嫌われているのです。
女性からすればセックスの余韻に浸っていたいのに、男性は背を向けてタバコを吸い始めたら不満に思うでしょう。

 

男女の違いの差

 

しかし、これはある意味仕方がないことでもあります。

 

男性は射精を行うと強い快感を感じますが、10秒から20秒もすれば余韻が消えて行くのです。

 

これに対して女性は、セックス後に10分程度は全身に快感の余韻が残っています。

 

この余韻の差がこうしたすれ違いを生んでしまうのでしょう。

 

例えばですが、男性が射精した次の瞬間に背を向けてタバコを吸い始める女性に好感を持つでしょうか?
大抵の男性であれば例えのような女性に好感は持たないでしょう。

 

後戯中の男女

また、男性は射精すると俗に言う賢者タイムに突入します。
脳内では興奮を抑える物質が分泌され、急激に性欲が無くなってしまうのです。
ある意味で仕方がないことでもあるのですが、そこは思いやりの気持ちを持って女性を接しましょう。

 

ベッドインの前から前戯は始まっていますし、後戯も愛の証なのです。

 

セックスの後にピロートークをしたり、ただただ密着したりするだけで女性の愛情は深まります。
後戯をおろそかにすれば破局したり疎遠になるリスクが高まるでしょう。
お互いの愛情を確認し、末永い関係を気付くなら後戯は大切にしてください。

 

次のセックスへ繋げる意味でも後戯は必要不可欠です。
モテる男性は後戯をおろそかにしないので積極的に行ってみましょう。